ME/CFS患者の脳脊髄液内のサイトカインの混乱が神経系の異常に関与している可能性

http://www.hindawi.com/journals/mi/2015/929720/


Hindawi Publishing Corporation

研究発表
「慢性疲労症候群/筋痛性脳脊髄炎患者の脳脊髄液中のサイトカイン」


内容の要約


2月26日に受理されたアメリカとオーストラリアの研究者たちによる研究結果によると、18人のME/CFS患者と5人の健康なコントロールグループの脳脊髄液内のサイトカインを調べたところ、

27種類のサイトカインのうち、インターロイキン10というサイトカインだけがCFS/ME患者で低下していることがわかった。


CFS/ME患者にみられるこの炎症性サイトカインの混乱が、神経系の変異を引き起こしているのかもしれないと結論づけている。


インターロイキン10は、先天性免疫と適応免疫システムのほとんどすべての細胞によって分泌されていて、中枢神経系の抗炎症作用に役割を持つが、


このインターロイキン10が低下していることが、CFS/ME患者の微熱などの症状に関与している可能性もあり、今後の更なる研究が期待される。

May 12th ME/CFS Japan   ”You are not alone"  

ひとりじゃないよ!

患者さんへの励まし動画

ME/CFSインフォシート 2017年バージョン!下からダウンロードできます。

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群インフォメーションシート 2017改訂版
医療機関、家庭、職場、学校など周囲の方たちに自分の病気を理解してもらうための情報シートです。ワードのままにしてありますので、ご自由にダウンロードしてお使いください。Mark Houseのウェブサイトを消しても構いません。ご自分の症状や用途に合わせて編集してください。
2017最新版MECFSインフォシート.docx
Microsoftワード文書 33.4 KB

Facebook

ME/CFS 情報

Mark House & Projects

May 12th ME/CFS Japan

 

”May 12th ME/CFS Japan” は、

キリスト教ハウスチャーチ  

Mark House

のME/CFS啓発運動です。

 

ME/CFS患者会ではありません。

 

代表:マーク雅子

(ハウスチャーチ牧師伝道者)

ブログ:

"イエス様と歩む

筋痛性脳脊髄炎/

慢性疲労症候群

脳脊髄液減少症&開瞼失行