”まーくハウス&ぷろじぇくと May 12th ME/CFS Japan”

日本や世界の患者さんたちに”一人じゃないよ!”というメッセージを届けるため、

5月12日筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群世界啓発デー」の周知活動をすると同時に、

励まし画像や世界のME/CFS情報を翻訳・ネット配信しています。

 

 世界のME/CFS専門医による

ウェブセミナー

オランダ政府助成によって行われている

Science for Patienceの日本語翻訳

 イギリスME/CFSドキュメンタリー映画

「闇からの声なき声」

無料上映会用DVD貸し出し

 

各患者団体、個人啓発家や患者の皆さんのおかげで全国各地で無料上映会が開催されています。

DVDも完売し、多くの国会議員、地方議員、医療・福祉関係者、医師会、行政担当部署、保健所などの手に渡りました。DVDの収益は全額、イギリス製作者側よりスタンフォード大学などのME/CFS研究機関に寄付されました。心より御礼を申し上げます。

 


「闇からの声なき声」上映会情報

2017年 3月19日(日) 

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)を考える 映画と

交流のつどい

 

主催:NPO筋痛性脳脊髄炎の会

詳しくは、NPOのホームページ

 

時間:14:00-16:00

 

場所:三鷹産業プラザ 704-705 会議室 (定員 100 名)

JR 中央線・総武線 三鷹駅南口より徒歩約 7 分

車の場合は調布 IC より約 7Km どなたでも歓迎  入場無料(賛同募金にご協力下さい)

 

第一部 映画鑑賞 「闇からの声なき声」 (63 分 イギリス作品)
 
闇に葬られようとしていた重症患者の声を拾いあげた衝撃のドキュメンタリー 製作 ナタリー・ブールトン&ジョシュ・ビックス 
 
第二部 トークと交流


「インフルエンザにかかったかなと思ったら、いつまでも治らない」「少し動くだけで寝込む」 「考えがまとまらない」「体が痛い」等の症状が急に表れたら、ME/CFS かもしれません。
 筋痛性脳脊髄炎の臨床現場から 申 偉秀(しん いす) 練馬区の関町内科クリニック院長であり、NPO 法人「筋痛性脳脊髄炎の会理事。2010 年にこの 病気を知り、その後精力的にこの病気の正しい認知を広めるために活動。4 年ほど前から臨床に も従事。世界的に最も信頼されているカナダの診断基準をはじめ、多くの海外の最新情報の翻訳 を医学監修。
 
主 催:NPO 法人「筋痛性脳脊髄炎の会」(旧「慢性疲労症候群をともに考える会」)

 

後 援:認定 NPO 法人日本障害者協議会(JD)

 

問合先:〒177-0033 練馬区高野台 3-11-12 采明ビル 2B アニメ活動センター内

 

電  話:080-4082-6287 ファクス:03-6915-9282  Email:cfsnon@gmail.com

”まーくハウスMay 12th ME/CFS Japan” は、筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群ボランティア啓発団体です。患者会ではありません。


まーくハウス&ぷろじぇくと

Mark House & Projects

May 12th ME/CFS Japan

 

 

 

May 12th ME/CFS Japan   ”You are not alone"  

ひとりじゃないよ!

患者さんへの励まし動画

大画面での視聴は

こちらをクリック!

Facebook

ME/CFS 情報