2019年 5月世界啓発イベント

ダウンロード
5月世界啓発フェスチラシ
印刷してご利用ください。
2019 MECF[2593].jpg
JPEGファイル 303.0 KB

参加予定の患者様へ

*医療・社会福祉関係者、広く一般の方々にも啓発するため、長時間にわたるフェス形式となりました。患者の方は、くれぐれも、無理をなさらないでくださいね!

 

(無理をしないと来場できないとは思いますが、、、) 

                        

午後からの途中参加、途中退室もOKです。患者さん用の休憩室もご用意していますが、きゅりあんの各階エレベーター付近に休憩ソファもありますので、ご利用ください。

 

当日、参加できない方も、メールにて「メッセージ参加」できます。

 

件名に「メッセージ参加」と記載し、社会に訴えたいこと、自分の想いを短くまとめてお送りください。会場での読み上げ、展示、ホームページなどでご紹介させていただきます。

May 12 ME/CFS & Lyme Japan

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは?こちらをクリック

*この動画は、約20年、ME/CFS患者として生きてきた代表マーク雅子の日常を撮影したものですが、後にマダニ媒介感染症ライム病と共感染症(慢性ライム病)が判明しました。

 

病歴は、こちらをご覧ください。

 

現在は、週2回、訪問看護による自宅での点滴を行い、食事療法と栄養療法、自己流の温熱療法を行っています。

 

慢性ライム病に関しては、標準抗生物質治療の後、ハーブ薬によるライム病治療を継続中。

 

線維筋痛症のような全身の痛みに関しては、強い鎮痛薬とマッサージ。

 

眼瞼痙攣(眼球使用困難症)による光過敏、瞼の皮が剥がされるような痛み、開眼困難のため、瞼にボツリヌス注射を打っています。

 

ME/CFSドキュメンタリー「闇からの声なき声」

世界のME/CFS専門医  ウェブセミナー

ここをクリック!

Science for Patienceの日本語翻訳


Twitter

Facebook

慢性ライム病・治療後ライム病後症候群・未診断ライム病

アンダー・アワ・スキンのホームページ:http://underourskin.com/


”5月12日は筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群世界啓発デーです!                     ~ひとりじゃないよ!~”

ご自由にお使いください!5月12日筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群世界啓発デーInfoシート

ダウンロード
ME/CFSインフォシート2018年訂正版
医療者や周囲の方への啓発、病気を理解していただくための情報を1ページにまとめてみました。
2018図解インフォシート.pdf
PDFファイル 554.5 KB