Action for MEによるME啓発動画 ”Do you care about M.E."

日本語翻訳・要約

w.actionforme.org.uk/meam2014


MEは、慢性の障害を引き起こす病気で、いつでも起こり得ます。


性別、年齢、どんな社会的、民族的背景に関わらず、かかる可能性があります。


イギリスだけでも、250人に1人が現在MEにかかっています。



多くの人が、ME患者は、”ただ疲れていると感じているだけだ”と思っていますが、それは間違いです。


2014年、Action for MEは、ME患者2000人以上にアンケートを行いました。


その中で、患者が経験している症状には、頭痛、リンパの腫れ、疲弊、下痢、IBS、過敏症、消化不良、めまい、睡眠障害、めまい、筋肉痛、関節痛、動悸、痙攣、インフルエンザ様症状、スピーチ障害、吐き気、集中力の低下、、、などがあげられました。




以下は、「あなたの人生にどんな影響を与えましたか。」というアンケートに対する質問に対する答えです。




「働けなくなったため、年老いた母に頼っている。料理や掃除ができず、掃除機を押す力もない。


家事をしたら1日中疲弊してしまうい。MEは、私の人生にあらゆる面で重くのしかかっています。」



「自分では、外出できず、自立した暮らしはできません。悪い日は寝たきりで、麻痺している状態です。

手をあげることをできず、ご飯を食べさせてもらい、シッピーカップを使って飲み物を摂取します。


痛みが激しく、耐えられない時は、その痛みから逃れるために、誰かに気を失うほど殴ってもらいたいと思うほどです。」



「大学最後の年にMEになり、寝たきりになりました。睡眠障害、過眠、極度の疲労があり、体が鉛のように重かったのです。階段の上り下りは、マラソンをしているかのようでした。」



「疲れと痛みと衰弱で3つの仕事を失い、一人では外出もできません。警察官や看護師だったのに、今では日常の家事が全くできない人になってしまいました。」



「私の体は、15年前に完全に崩壊しました。活発で、つむじ風というあだ名で呼ばれていたほどなのに、今で活発なスポーツは全くできません。」



「音と化学物質の過敏で外出ができなくなりました。頭にもやがかかっていて、運転も危険です。また買い物に行くものも難しいです。耳栓をして蒸気マスクをしています。」




これが、「ただ疲れていると感じているだけ」に聞こえますか。私にも、そうは聞こえません。



2000人のうち、、、


20%は、「子どもを持つかどうかの決断に影響を与えた」


26%は、「1人で外出できない」


29%は、「教育を受ける機会をストップまたは、減少させた」


51%は、「運転ができない、または減らした」


87%は、「仕事をやめた、または減らした」


92%は、「社会との関わりをとめた、または減らした」


と答えています。


MEはただの疲れ以上のものです。


May 12th ME/CFS Japan   ”You are not alone"  

ひとりじゃないよ!

患者さんへの励まし動画

ME/CFSインフォシート 2017年バージョン!下からダウンロードできます。

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群インフォメーションシート 2017改訂版
医療機関、家庭、職場、学校など周囲の方たちに自分の病気を理解してもらうための情報シートです。ワードのままにしてありますので、ご自由にダウンロードしてお使いください。Mark Houseのウェブサイトを消しても構いません。ご自分の症状や用途に合わせて編集してください。
2017最新版MECFSインフォシート.docx
Microsoftワード文書 33.4 KB

Facebook

ME/CFS 情報

Mark House & Projects

May 12th ME/CFS Japan

 

”May 12th ME/CFS Japan” は、

キリスト教ハウスチャーチ  

Mark House

のME/CFS啓発運動です。

 

ME/CFS患者会ではありません。

 

代表:マーク雅子

(ハウスチャーチ牧師伝道者)

ブログ:

"イエス様と歩む

筋痛性脳脊髄炎/

慢性疲労症候群

脳脊髄液減少症&開瞼失行