オクスフォード大学研究が、日本のCFS研究班の「脳炎の関与」を裏付ける

先日、オクスフォード大学の研究班がME/CFS患者の脳内の異常を発見したという研究結果をお知らせしたが、日本の研究班が発表した「脳炎の関与」を示す研究結果を裏付ける結果となり、これまで身体疾患ではないと否定され、精神科に紹介されてきた患者たちに光が差し込んでいる。


オクスフォード大学の研究では、15人のCFS患者と14人の健常者の脳を比べたところ、CFS患者の脳の白質が減少していることがわかり、脳の炎症を裏付ける結果となった。



また、右脳の白質にある神経経路の形態に異常があることがわかり、症状が重篤であるほど、この異常のレベルが大きいことがわかった。今後、日本の研究班とオクスフォード大学研究班の結果をふまえて、さらなる研究が期待される。


Brains of People with Chronic Fatigue Syndrome Offer Clues About Disorder




May 12th ME/CFS Japan   ”You are not alone"  

ひとりじゃないよ!

患者さんへの励まし動画

ME/CFSインフォシート 2017年バージョン!下からダウンロードできます。

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群インフォメーションシート 2017改訂版
医療機関、家庭、職場、学校など周囲の方たちに自分の病気を理解してもらうための情報シートです。ワードのままにしてありますので、ご自由にダウンロードしてお使いください。Mark Houseのウェブサイトを消しても構いません。ご自分の症状や用途に合わせて編集してください。
2017最新版MECFSインフォシート.docx
Microsoft Word 33.4 KB

Facebook

ME/CFS 情報

Mark House & Projects

May 12th ME/CFS Japan

 

”May 12th ME/CFS Japan” は、

キリスト教ハウスチャーチ  

Mark House

のME/CFS啓発運動です。

 

ME/CFS患者会ではありません。

 

代表:マーク雅子

(ハウスチャーチ牧師伝道者)

ブログ:

"イエス様と歩む

筋痛性脳脊髄炎/

慢性疲労症候群

脳脊髄液減少症&開瞼失行