30日 4月 2019
Very exciting news! 「ナノエレクトロニクス―血液検査ME/CFS診断バイオマーカー」新たなOMFの資金による研究を続けていたRon Davisらが、National Academy of Sciencesにてナノニードルについての論文を発表。 ナノニードルとは、塩によるストレスを与えた結果、血漿(けっしょう)の免疫細胞の変化を測る検査。 ナノニードルの中で、免疫細胞は、微量の電流に触れる。...
線維筋痛症 · 23日 3月 2019
ME/CFS, MCS, FM, & 慢性ライム病情報や海外文献を要約してお伝えしています。
https://drjaydavidson.com/lyme-disease-affect-brain/?fbclid=IwAR096Fxm9XchZ_iTaE_Jc0FvNqDS6UAupJPSWPw9C2SVcp_wvLFIoGgdjOE Dr. Jay Davidson Customized Lyme coaching 神経系の問題は思っているよりもよくあることで、多くの人が集中力の低下、うつ病、長期記憶力の問題を抱えている。...
26日 9月 2018
https://isom-japan.org/v10n14/ ビタミンCの臨床効果(クリック)
25日 9月 2018
「脳が燃えている:慢性疲労症候群(ME/CFS)患者に広範囲にわたる神経炎症が見つかる」 https://www.healthrising.org/blog/2018/09/24/brain-fire-neuroinflammation-found-chronic-fatigue-syndrome-me-cfs/ 要約 アラバマ大学のJarred Youngerは、ME/CFS患者の脳全体のヒートマップ(温度マップ)と化学的シグネチャ―を示すことに成功。...
20日 9月 2018
Open Medicine Foundation(OMF)が、慢性ライム病という題名で上げている記事の要約をご紹介します。...
脳脊髄液減少症 · 27日 6月 2018
What are your thoughts about a previous history of meningitis (viral, bacterial, other) in some spontaneous spinal CSF leakers? Could meningitis result in dural weakness? Most forms of meningitis are actually risk factors for the development of intracranial hypertension, because the inflammation caused by meningitis interferes with the pathways of CSF absorption. However, it is certainly possible that some specific pathogens can cause dural weakness. When a spinal tap shows an increase of white...
31日 12月 2015
http://www.cortjohnson.org/blog/2015/12/29/chronic-fatigue-fibromyalgia-parkinsons/ 要約: パーキンソン病の薬L-dopaと非ステロイド性抗炎症薬が、痛みを持つ動物への実験で痛みを消し去ったという実験結果を受けて、人間への臨床試験が行われることになっている。...
18日 11月 2015
米国の人気セレブオプラ・ウィンフリーの雑誌に、ME/CFSが取り上げられました。 http://www.oprah.com/health_wellness/Chronic-Fatigue-Syndrome 「あなたがまだ疲れているのはこのせいなの?CFSついにその正体にせまる」 彼女の影響力はアメリカでは偉大で、多くの人の目にこの記事が触れることと思います。 記事には、現在の最新の米国のME/CFS事情がわかりやすく記載されています。...

さらに表示する